車に子どもを放置

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
Pocket

先日、近所のコンビニの前を通りかかったら、後部座席に0歳代と思われる赤ちゃんの姿だけが見えました。運転席や助手席には誰もいません。

「え!まさか1人で置いていったの・・・?」と思いながらちょっと気にしつつ歩いて隣を通過しました。すると、幼稚園児くらい?の小さな子が隣に乗っていました。でも結局大人の姿は見えずじまいでした。

ちょっとコンビニに入るのに子ども2人連れて行くのは面倒という本音はとてもよく分かります。私も子育てをしてみて、急いでいたりサクッと用事を済ませたい時は1人連れるのだって大変と思うことがあります。思ったように歩いてくれなかったりグズッたり商品に触ろうとしたり・・・短時間で色々起こりますよね。よく分かります。子どもが複数だったら更に大変なのでしょう。

だけど、やっぱり子どもの安全には変えられません。

熱中症の季節ではないにしろ、あんなに堂々と置いていっては連れ去りなど簡単に起こりそうです。コンビニなどの建物や歩道等に車が突っ込んだという事故のニュースも時々見ます。

事件や事故が起こるとき、だいたい「まさか!」なのではないでしょうか。まさかこんな短時間で、まさかうちの子に限って・・・

面倒という理由で子どもを危険にさらすのはもってのほかだと思いますが、もし時間がないとかそういうことだとしても、仮にちょっと遅刻したからと言って命に関わったり二度と取り返しが付かなくなるような場面ってそんなにあるものでしょうか?

面倒だな・・・時間がない・・・と思っても、一瞬考えれば分かることだと思います。

その車で見かけた子たちの保護者がどんな人かは全く分かりませんが、見るからに子どもを危険にさらしている保護者は一体どういうつもりなのだろうと思うことが多々あります。何かが起こってから泣いたって逆ギレしたって、どうしようもないです。もう少ししっかり考えるべきなのではないでしょうか。

とは言え、急いでいる時など私も知らず知らずのうちに危険なことをしている可能性もあるので、もう一度しっかり気を引き締めたいと思いました。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
カテゴリー: 子供の事故   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です