子供の救急 発熱と痙攣で救急車(4/4ページ) 幸い何事もなく

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
Pocket

先日、息子が痙攣を起こしました。幸い大事にならずに済みましたが初めてのことだけに慌て救急車を呼ぶ程の騒ぎでした。途中「大丈夫かな!?」という場面もありましたが、救急病院での診察では問題なく、詳しい説明を受けた上で、後日かかりつけの病院をあたってください。ということで一安心して帰路につきました。

病院へ出発するまでのいきさつはに書きました。自宅から病院までの道のりはカーナビのおかげで迷うことはありませんでしたが、病院についてからは駐車場がわからなかったり、救急急患の窓口がわからなかったりと、守衛さんにいろいろ教えてもらいました。下見の重要性を再認識しました。(状況により搬送先が変わる救急救命まで下見するのは現実的ではありませんが心構えとして)

救急車へは奥さんだけが同乗し、自分は子供も慣れた自家用車で後から向かったこともあり、何気兼ねすることなく済んだのはよかったと思います。子供も慣れた環境で落ち着いた感じでした。ぐっすり寝ていたかどうかは忘れてしまいましたが、少なくとも騒いだりはしませんでした。

初めての経験とばたばたしたこと、久しぶりの夜間走行だったこともあってか(雨も影響している?)、もう深夜なのでは?と思うくらいの錯覚を覚えましたが、帰ってみれば少し遅いもののまだ夕飯時。息子もカボチャうどんを完食してくれました。幸いに何事もなかったからこそ言えますが貴重な体験をしました。今後の万が一にも役立ちそうです。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
カテゴリー: 医療・健康   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です