大宮で、横断歩道の歩行者に気付かず進み、交通機動隊に捕まりました。

私は無事故無違反でした。免許を取ってから8年あまり、ペーパードライバーの期間もなくずっとでした。だから運転免許証もゴールド免許です。

それが鉄道博物館を見ようと訪れた家からずっと離れた埼玉県の大宮駅で、交通違反で埼玉県警の交通機動隊に捕まってしまいました。

横断者の横断妨害

捕まった理由は横断歩道に立っていた女性に気付かずに進んでしまったこと。横断歩道の手前で停車して横断者を先に渡らせなかったことによる妨害行為です。

自覚はありましたが、交通機動隊(白バイ)のサイレンを聞いても自分だとは思いませんでした。

大宮駅付近は初めて行く土地でした。道も入り組んでいて小さなカーブがたくさんあり道なりに進めていることばかりに気を取られていました。カーブしては横断歩道、新幹線停車駅という大きな駅の付近だけあってか人も多い場所でした。

カーブを曲がって横断歩道、「あ、いま渡りそうな人いたな・・・」と横断歩道直前で気付いたのでした。でもその時は特に何事もありませんでした。そして少ししたカーブでまた同じ様な経験をしました。「あぶな・・・。今横断歩道に人がいたな・・・」と。

そして少し進んだところで交通機動隊のサイレンが聞こえてきたのです。

後ろの車かと思いましたが、それには目もくれず私の車の後ろで何やら放送。

話の内容は全く聞こえませんでしたが、私の車に対して言っていることは確実だったので、ハザードを出して路肩に寄せました。

警察の方は「いま横断歩道に女性居たの気付きませんでしたか?先に歩行者を渡らせないと。」と・・・。「あー、今のか・・・」とそこでようやく認識しました。

神奈川県では聞いたことが無い・・・

埼玉県は交通ルールに厳しい街なのですかね・・・。私が住む神奈川県では一時停止違反を待ち構えてのんびりしているパトカーは居ても、横断歩道で歩行者の直前を曲がっていく自動車がいても捕まえる様な姿を見たことがありません。

埼玉県では道路交通法に厳しいのでしょうか。

横断歩道に人が居たのは確かで、その人を先に渡らせなかったのも事実ですが、決して轢きそうになるような危険な妨害などではなく、一時停止をしなかったにすぎません。

事実、横断者の横を通るタイミングで「おっと・・・道の形状に気を取られていて、横断者に気付かなかったな・・・。あぶないあぶない。」と思っていた私は甘んじて違反を受け入れましたが。

違反は2点?罰金は9,000円

警察の方が違反は2点で、これまで無事故無違反だった特典で2ヶ月間まだ違反したりしなければ0点になるとか何とかある様な話しをしていましたが、正直言って聞いてませんでした。違反の点数とか、普段安全運転な私には、何点貯まると免停とか言う手の話しは計算しても仕方が無いからです。

罰金の方には敏感です。

罰金は9,000円とのことで、これを期限内に銀行か郵便局で収めないと、埼玉県警に出頭しないといけないのだそうです。これは避けねばなりません。

しかし、罰金が高い(>_<)。

こういう取り締まりは必要です。

こういう取り締まりは必要ですね。

注意が行き届いていない横断歩道で飛び出してきたのが、歩行者でなくて警察官でよかったですよ。支払いも賠償金でなくて反則金で済んでよかったです。おかげで帰りは同じ様な入り組んだ道であっても、横断歩道の歩行者に注意を払うことができました。

実際の事故は起こさず、事故防止の気が引き締められる。こんなのみんなやってるじゃないかと思わずに、自分に非を感じているのなら甘んじて受け入れるのが今後の為だと思いました。

しかし警察官って、違反者を捕まえるにしても腰が低いんですね。だだこねたりしてれば激しい口調になっていくんでしょうけど・・・。

カテゴリー: 失敗に関する話題, 支払いや手続きに関する話題, 経験や体験の話題, 車や電車など乗り物の話題   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です