Mac Mail のデータを移行


Mac の OS バージョンアップでメールの移行が必要だったので実施しました。今回は Mac OS X 10.5.8(Leopard)上の Mail 3.6 から、 Mac OS X 10.7.4(Lion)上の Mail 5.2 へのデータ移行でした。今回は外付けハードディスクを利用してデータを移行する方法です。


古いMacで「Mail」フォルダをバックアップ
Mail が起動中の場合は Mail を終了したうえで、ユーザーの「ライブラリ」フォルダ(正確な場所は「/ユーザ/[ユーザ名]/ライブラリ」)を開きます。その中にある「Mail」フォルダをポップアップメニューから「”Mail”を圧縮」を選択して圧縮します。同じフォルダに Mail.zip という名前の圧縮ファイルができたと思います。これを外付けハードディスクにコピーします。

古いMacで「com.apple.mail.plist」ファイルをバックアップ
ユーザーの「ライブラリ」フォルダ中の「Preferences」フォルダ(正確な場所は「/ユーザ/[ユーザ名]/ライブラリ/Preferences」)を開きます。その中にある「com.apple.mail.plist」というファイルを外付けハードディスクにコピーします。

新しいMacへファイルコピー
古いMacで取得したバックアップ「Mail」フォルダ、「com.apple.mail.plist」ファイルを新しいMac上に同じ位置関係でコピーします。(「Mail」フォルダは「ライブラリ」の下、「com.apple.mail.plist」は「ライブラリ/Preferences」の下)

Mac OS X 10.7(Lion)で、ライブラリフォルダを表示するには、Finderの「移動」メニューを開きいてoptionキーを押すと現れます。

ここまでで、Mail に関するデータファイルのコピーは移行ですが、その後 Mail を初めて起動すると「はじめて使う際に既存のMailメッセージをアップグレードする必要があります。」とダイアログが表示されます。「続ける」をクリックすれば、移行したメールデータを自動的に最新化してくれます。完了するとMailが起動し、移行元と同じアカウントと同じメッセージが表示されることが確認できます。
※メールのパスワードまでは復元できないため、受信のタイミングで入力を求められたパスワードは都度入力しなおす必要があります。


カテゴリー: Mac, Mac OS X, データ移行   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です