配色(ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラー)

Pocket

配色を決める際に意識する3色です。アクセントカラーという言葉なら聞いたことのある人が多いのではないでしょうか。

このアクセントカラー(強調色/きょうちょうしょく)の他にベースカラー(基調色/きちょうしょく)、アソートカラー(配合色/はいごうしょく)を決めることで、配色はきれいにまとまり安定します。

アクセントカラーは全体のわずか5%程の際立たせる色、その他は70%程をベースカラーが占め、残り25%程をアソートカラーで整えるという、配色バランスの考え方です。

インテリア配色に適用すると、気持ちのいい空間が演出できます。壁紙とか大掛かりに変えられない賃貸マンションでは、壁の色をベースカラーとするのが自然だと思います。それをベースにお好みで何系の色で家具やじゅうたん、カーテンをまとめようと考えると思います。これがアソートカラーです。後は何点かの小物でアクセントをつければ完成、これがアクセントカラーです。

必ずしも欲しいものがイメージ通りの色で揃えられるとは限りません。その場合はアクセントカラー寄りの色や、ベースカラー/アソートカラーとからかけ離れているものは避けるようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です