火星が最接近。2年2ヶ月ぶりなんだそう。-スーパーマーズ-


肉眼で見たスーパーマーズ

2016年5月31日付近は火星が地球に最も接近する「火星最接近」の日です。つまり火星が大きく見えるという訳です。スーパーマーズなんて呼ばれいるそうなんですが、なんか安易で微妙な響きに思えてしまいます(^_^;)

それはさておき、そのスーパーマーズを見てきました。見てきましたというと少々敷居が高く感じてしまいますね・・・。晴れた日に夜空を見渡せば赤い明るい星が見えるはずです。それがスーパーマーズです。

火星がはっきりと大きく見える!

火星が大きく見えるといっても月の様に見えることはなく、少し大きい明るい赤い星が見える程度です。過度な期待は厳禁です。

実際見た感想としては「小さいながらも赤い星に不思議な存在感を感じた」です。

肉眼で見たスーパーマーズ

肉眼で見たスーパーマーズ

マイナス2.8等星くらいの明るさに見えるというだけあり(もっとも遠い時は1.6等星くらいらしい)かなり明るかったです。雲がかかって他の星が見えない中、しっかりと輝いていました。他の星とは違う赤さと、惑星ならではの瞬かない星の姿が「存在感」を感じさせたのだと思います。

赤い星

赤く見える火星・・・不思議ですよね。それは大地が赤いからだそうです。惑星に人類が降り立ったことなどありません(月ならありますが)し、なおさら謎や興味は尽きません。でも無人探査機が火星に降り立っているって知ってました?

火星の大地におりたった無人探査機「キュリオシティー」が撮った写真などが掲載されている写真集です。火星の地表なんて初めてみました! Amazon なら数ページ試し読みができるので、ちょっと興味がわいたら見てみることをおすすめします。

スーパーマーズ、まだ見れます!

距離は遠くなっていきますが、まだまだ(1週間くらいは)大きく見えるそうなので、地球から夜空を見上げて、スーパーマーズ観察しましょう!

カテゴリー: 写真やカメラの話題, 宇宙や科学の話題   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です