カテゴリー別アーカイブ: VBA

Excel VBA ツールバーからのマクロ呼び出しで異常終了。まさかファイル名が原因だったなんて!!

Excel for Mac 2011(14.7.3) の Excel VBA を組んでいたところ、ツールバーからのマクロ呼び出しで原因不明の異常終了に見舞われました。

ツールバーのコマンドボタンをクリックしても、マクロが1行たりとも実行されることはなく、何故かExcel Book が開かれようとした末に、Excelアプリケーションが異常終了してしまうという現象でした。

まさかこれがExcel Book のファイル名が原因だなんて・・・。わからんよそんなん!!

続きを読む

カテゴリー: Excel, VBA | コメントをどうぞ

Excelツールバーのコマンドボタンに表示するアイコン一覧

Excel VBAでアドオン開発を行っていると、ツールバーを足したくなることがしばしばあります。ツールバー自体は Application.CommandBars.Add ・・・ と比較的簡単に作ることができるのですが、その中でコマンドボタンのアイコンを決めてやる必要があります。

この時、FaceIdという番号で指定するのですが、この一覧ってないものかな?と探したらインターネットで公開しているサイトを見つけました。

続きを読む

カテゴリー: Excel, VBA | コメントをどうぞ

Excel VBA で選択中シートの後ろへ別のワークシートを挿入する

コピーしたいシート名を"Sample"とします。

"Sample"シートを現在選択中のシートの後ろへ挿入するコードです。Excelのアドインにしておけばアドイン上で定義したテンプレートを、編集中のExcelブックに挿入することができるので便利です。

続きを読む

カテゴリー: Excel, VBA | コメントをどうぞ

VBAでのレジストリ操作の安心感

Excel のアドイン等を作成していて、プログラムのパスなどユーザーの利用環境に依存した値が必要となりました。設定ファイルでもいいのですが、レジストリの方がスマートだと思ったので簡単にできるのか調べてみました。

続きを読む

カテゴリー: Excel, VBA, プログラミング | タグ: | コメントをどうぞ

VBA 標準モジュールの名前を変更したい

VBA の実装で、よく作成する「標準モジュール」ですが、初回デフォルトでは "module1"となるため、どんなモジュールなのか判断ができません。そこで名前を変えることにします。Excel:mac 2011 での確認ですが、Windows版でも同じ様です。
続きを読む

カテゴリー: Excel, VBA | コメントをどうぞ

VBA Excel:mac 2011 で Applicationイベントを宣言

Mac版の MS Excel「Excel:mac 2011」でも Windows版と同様にVBAが使えます(一時期実装されなくなりましたが、強い要望により復活)。それはそうと、今回は Application イベントを拾うための宣言方法です。
続きを読む

カテゴリー: Excel, VBA | コメントをどうぞ