SDK6.0で定義できるメニュー項目について整理


Adobe Photoshop Lightroom のプラグイン開発で SDK 6.0 を使用している際に書いた記事です。

Info.luaにメニューに表示させる項目名を定義できます。ここでは、そのメニューについて調べた内容を書いていきたいと思います。

定義できるメニュー項目

  • LrExportMenuItems
  • LrLibraryMenuItems
  • LrHelpMenuItems

どの様なメニューか?

LrExportMenuItems

ファイルメニューのプラグインエクストラ中に、プラグイン名で束ねられて表示されるメニューです。こちらは「ファイル」メニューなので、「ライブラリ」とか「現像」とか「印刷」とか、どのモジュールを選択していても表示されます。

LrLibraryMenuItems

ライブラリメニューのプラグインエクストラ中に、プラグイン名で束ねられて表示されるメニューです。こちらは「ライブラリ」メニューなので、「ライブラリ」モジュールを選択中の時しか表示されません。

LrHelpMenuItems

LrHelpMenuItems については別途調べたら追記します。


カテゴリー: Photoshop Lightroom   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です