WordPress Twenty Eleven の単一記事ページへサイドバーを付ける


手軽にブログ環境を構築できる WordPress(ワードプレス)、標準のブログテンプレート(テーマと呼ぶ)に「Twenty Eleven」という名前のテーマがあります。前バージョンまでが「Twenty Ten」だったことから察するに、リリースした時の年が名前になっている様です。
このテーマですが、Twenty Ten には記事の単一表示させると右部にサイドバーがついていたのですが、 Twenty Eleven からはサイドバーがつきません。サイドバーが欲しかったので Twenty Eleven でもサイドバーが表示される様調整しました。


WordPressを使う人の多くはHTMLやCSS、PHPの知識があまりない方々なのでは?と予想して、必要最小限だけ変更する方向で考えてみました。ピンポイントの設定変更なので、「これも必要だった」というのが後から出てくるかもしれませんが、それはその時追記します。

テーマは、ワードプレスの/wp-content/themes/twentyelevenフォルダの中に一式が納められています。
まず、single.phpの変更が必要です。サイドバーを出す記述がないので追加します。
行末にある""この上に""を追加します。

single.php

・・・ これより前は省略 ・・・

  </div><!-- #content -->
</div><!-- #primary -->

<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>
</pre>

後は style.css
「/* Singular */」という行を探して、その下を書き換えます。

style.css

・・・ これより前は省略 ・・・

/* Singular */
/*
  .singular #primary {
    margin: 0;
  }
*/
.singular #content,
.left-sidebar.singular #content {
  /* margin: 0 7.6%; */
  margin: 0 10px 0 10px;
  /* position: relative; */
  /* width: auto; */
  width: 700px;
}
.singular .entry-header,
.singular .entry-content,
.singular footer.entry-meta,
.singular #comments-title {
  margin: 0 auto;
  /* width: 68.9%; */
  width: 660px;
}

・・・ これ以降は変更なし ・・・

これでひとまず、単一記事にサイドバーが付いたと思います。


カテゴリー: WordPress   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です