MacOS X Server 10.4 で NTPサービス


Mac OS X Server 10.4 では 標準で ntpd が動いているので設定を調整すればタイムサーバーとして動作可能です。

設定ファイルは参照するNTPサーバーが設定された/etc/ntp.conf と、 外部からの問い合わせを制限する /etc/ntp-restrict.conf の2つです。/etc/ntp.conf の方は、システム環境設定の「日付と時刻」で設定できます。

/etc/ntp-restrict.conf に 接続を許可する(今から設定するNTPサーバーを利用したい)IPアドレスの範囲を設定します。例えば192.175.100.1 〜 192.175.100.255 からの接続を許可する場合は次の通りです。

restrict 192.175.100.1 mask 255.255.255.0 nomodify notrap

設定が終わったらNTPサービスを再起動します。

# /System/Library/StartupItems/NetworkTime/NetworkTime restart
Stopping network time synchronization
Starting network time synchronization
Looking for host ntp.nict.jp and service ntp
host found : 210.171.226.40
#

後は、NTPサービスを利用したいPCのネットワークタイム設定で、サーバーを今設定したMac OS X Server に指定します。


カテゴリー: Mac OS X Server, 調査・検証   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です