息子小学1年生の手足口病。発熱先行、発疹は肘と膝からでした。

手足口病・・・発熱&手・足・口の発疹が出る夏風邪の一種。

(熱が出なかったり、発疹が手足口全てには出なかったりということもあるそうです。)

 

 

これは小さい子がかかるものというイメージでした。

 

ところが、小さい頃にはかからなかった小学1年生の長男が初めてかかりました。

 

初日は最高38.7℃の発熱のみで、翌日には微熱程度に下がったと思ったら、今度は肘と膝周辺に発疹が出てきました。

 

周りが赤くて真ん中が少しプツッと白いものや、ただ赤いだけのものなど、肘と膝周辺に数個ずつ。

 

この時点ではまだ数は少なかったものの、まとまって数個ずつできているし、前日の発熱のこともあるし、小児科を受診することにしました。

 

皮膚科と迷いましたが、発疹ができた時点でも微熱があったこと、軽くインターネットで検索してみたところ、手足口病?という気がしてきたのもあり、小児科を選択。

 

インターネット、やっぱり上手く使えば便利ですね。

 

 

前日にも小児科を受診していて、その時には溶連菌とアデノウイルス(プール熱)の検査をし、どちらも陰性でした。

 

お医者さんは、喉がすごく赤いことに引っかかっていたようですが、とりあえず今の時点では風邪としか言えないとのこと。

 

そして二度目に受診の結果、やはり手足口病でした。

 

その時はまだ発疹が肘と膝周辺だけだったので、「手足口病でこういう所にできるんですね?」と疑問を口にしてみました。

 

手足口病と言えば掌や足の裏、口の中にブツブツができると思っていたので。

(その後、掌や足の裏にもできました。)

 

そして、

「はい、できますね。掌や足の裏だけとは限らないんです。」

という回答を頂きました。

 

 

そんなこんなで、2日かけて手足口病と診断された息子小学1年生ですが、対処法は普通の風邪と同じで、熱が下がって食事も通常どおり摂れるようになれば登校もOKとのことでした。

 

発症から2日くらいは喉の痛みであまり摂れなかった食事も、次の日からは普通に摂れるようになり、熱も2日で完全に下がり、一件落着です。

 

 

それにしても、まさか1才の次男でなく小学生の長男が手足口病になるとは・・・

 

まあ考えてみれば絶対にないものではないのでしょうけど、ちょっと不意を突かれた気分でした。

 

感染症と言えば冬のイメージですが、夏は夏で色々ありますねえ。

 

長男のクラスでも欠席者多いようです。

 

子どもの感染症は仕方ありませんが、なるべく栄養のあるものを食べて、ゆっくり休もうと思います。親子ともに。

 


カテゴリー: 子育て, 赤ちゃん・子どもの体   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です