横断歩道で捕まり減点&罰金・・・なぜか腰の低い警察官

車で少し遠出をしたときのこと―

 

横断歩道で交通機動隊の白バイに捕まり、2点の減点と9000円の罰金を受けてしまいました。

 

運転していたのは私ではなく夫ですが、ちょっとビックリ。

 

捕まった理由は、横断歩道にの端に歩行者がいたのに止まらずに通過してしまったことでした。かしこまって言うと、横断歩行者妨害だそうです。

 

次男と一緒に後部座席に座っていた私は、えー?それで捕まるの?という気持ちと、いい仕事するな、という気持ちと、次男が眠っていて良かったという気持ちで見ていました。

 

次男は起きていると、止まっている車内でおとなしく待っていることができませんからね。

 

それから、私も気を付けねばと思ったのです。

 

 

横断歩道の歩行者を先に渡らせずに通過して、それで捕まるの?と思った理由は、私が生まれ育った地域も今住んでいる地域も、そういうことで捕まっているのを見たことも聞いたこともなかったからです。

 

自分が歩行者の時も、横断歩道の端に立っていてもなかなか止まってもらえず渡れないのが当たり前という感覚ですし、渡っている最中に目の前を横切られてさすがにイラッとすることもよくあります。

 

自分が車に乗っている時は、横断歩道の端にいる人が今にも渡りそうだったり子どもでなければあまり止まることはありませんし、周りの車もそうで、急に止まると逆に危ないような気さえするくらい、止まる人は稀です。

 

そのことで捕まったらしい現場を見たことも無いし、知り合いからも聞いたことがありません。

 

切符切られたークソー!のように悔しがっている人を周りで見かけるとしたら、殆どがスピード違反か一時停止違反です。

 

その一時停止違反も、たいして危なくないような人も車もそんなにたくさん通らない静かな場所に、のんびりとパトカーで張っていて、それにまんまと捕まるというようなもの。

 

もっと危ない所が色々あるのだから、そういう所を見ていて欲しい・・・

 

なんて思うのです。

 

 

そういう地域に住んでいるものだから、警察なんてそんなものだ、楽な仕事しかしないの?(少なくとも交通関係については)というイメージが強くありました。

 

 

ところが、夫の運転で捕まったのは、パトロール中の白バイでした。

 

暑い中白バイに乗って、お仕事をしていたのですね。のんびりパトカーに乗り込んで待ち構えているのとは印象が違います。

 

そして、「横断歩道は歩行者が優先なので」というもっともな注意。

 

言われてみればたしかに、と納得です。

 

そして私も気を付けねば、と思ったのです。

 

横断歩道を止まらずに通過するのは、言ってみれば、一時停止もせずに堂々と歩道に乗り上げているのと同じようなことですよね。私の住む地域ではそういう人さえ捕まっていませんけどね。(知らないだけでたまには捕まっているかも知れません。)

 

私が直接捕まったわけではありませんが、これには反省です。

 

 

そういえば、私の慣れ親しんだ地域から少し離れた所に住んでいる知人が運転していて、この辺の人は横断歩道で止まらないの!?それが普通?って言っていたのを思い出しました。

 

その時は軽く流してしまった上に、そんなに騒ぐことかな?くらいに思ってしまった私ですが、やっぱり止まるのが基本なんでしょう。

 

これからは極力そうします。

 

 

日頃スピードを出しすぎることもなく、基本的に安全運転な夫が捕まって減点されたのを思うと残念ですが、そして9000円の罰金は痛いですが・・・

 

授業料というところですね。

 

人をひいてしまったら残念なんて呑気なことは言っていらませんし、事と次第によっては相手にとっても自分にとっても一生を台無しにすることにもなりかねません。

 

それを思うと、苦いけど良い経験になったという思いです。

 

そして、私の住む地域の警察官も、もっとこういう重要な所を見て欲しいと心の中で願うのでした。

 

 

少し余談になりますが、今回出会った警察の方の腰が低すぎて、ある意味捕まったこと以上にそちらの方が驚きでした。

 

サイレンの音と共に止められて、路肩に停車してまもなく駆け寄ってきた警察官の第一声は「すみませんね、ビックリさせてしまって。」でした。

 

それから控えめに、なぜだかちょっと申し訳なさそうに「今、横断歩道に人がいたの気付きませんでしたか・・・?急いでたんですかね?」と。

 

その後も「なるべく急いで書類作りますので、少し待っててください。急ぎますんで、すみません。」とか「暑いのに(窓を開けさせてしまって)すみませんね。閉めて待ってて頂いていいので・・・」

 

等と、とにかく腰が低い。

 

申し訳ないですが、低すぎて気持ちが悪かったです。

 

違反したのはこちらですから、もう少しビシッと言ってもいいと思うのですが。

 

抵抗もしていないのにあまり威圧的だったらそれはムッとしますけど、でも、もっと毅然としていたらいいのでは・・・

 

時代なのか、地域柄なのか、人柄なのか。

 

ちょっと気になりますけど、再び捕まるのはごめんなので、この腰の低さは謎のままでいいです。

 


カテゴリー: 車の運転   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です