胃腸炎(嘔吐下痢)の時は塩分も忘れずに!

タイトルを書いていて、いつかどこかに同じような事を書いた気がしてきたのですが・・・

すっかり忘れていました。

というか、油断していました。

 

私の胃腸炎が1才の次男に移ってしまい、幸い症状は半日ほどでかなり軽快したのですが、見て分かる症状の割に元気がない・・・

嘔吐をして半日後の朝は、お粥を子ども茶碗いっぱいに食べてもまだ欲しがるくらいの食欲、水分もたっぷり摂れておしっこもよく出ていました。

朝の時点では下痢もほんの少量。前日に38.1℃まで上がった体温は37.6℃まで下がっていました。この体温は次男にとっては微熱程度。

 

それなのに布団の上をゴロゴロしてばかりで元気がないのが気になり、かかりつけの小児科を受診しました。

結果、もう嘔吐も収まってきているようなので、あとは下痢が1週間ほど続くかも知れないが脱水だけ注意すれば心配はなさそう、との診断でした。

そして、元気がないのは塩分不足の怠さからとのこと。

 

対策は、市販の経口補水液(OS-1やアクアライトなど)を与えること。飲まないようならポカリスエットや味噌汁でも可。

とにかく塩分を欠かさないことだそうです。

そういえば、数年前に長男が胃腸炎の後同じようにグッタリした時にも塩分のお話を聞いたことをうっすら思い出しました。

水分を撮るということは頭にあったのですが、塩分は忘れてしまっていました。

昨日は経口補水液を飲ませていたのですが、今日は嫌がったのでお水をたっぷり飲ませてしまっていました。症状が収まっていたからといって、完全に油断してしまっていたのです。

 

嘔吐下痢には塩分を忘れずに!

 

すぐ忘れてしまうので、メモ代わりに記事として残しておきます。

ちなみに、OS-1やポカリスエットは1才の子どもには濃いのでは?と思い質問してみたところ、そのままの濃さで飲ませて大丈夫とのことでした。

ただし、ポカリスエットは体調が回復するまでに留めないと、甘くて美味しいのでクセになる可能性があるが、日常的に飲み過ぎるのはおすすめできない(虫歯などの問題から)。その点だけ注意が必要というアドバイスを受けました。

 

こういう体調不良は突然起こるものなので、我が家では経口補水液をストックするようにしています。けっこう日持ちしますしね。

いざ子どもが体調を崩した時にすぐ買いに走れないことの方が多いので。ましてや自分が体調を崩したらそのパワーなんてありません。特に嘔吐や下痢が酷いときはとっても外に出づらいですよね。。


カテゴリー: 子育て, 赤ちゃん・子どもの体   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です