子どものフッ素塗布について

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
Pocket

我が家では小さな子どもの歯にフッ素を塗ることに疑問を抱き、とりあえず塗らずに2歳を過ぎました。1歳半検診のときに薦められはしたものの、もちろん強制ではなかったので。

いくら歯に良いとはいっても、やはり異物であることには変わりありませんし、体調が悪いときの薬や重大な疾患を避けることを狙った予防接種とは違って、その必要性をあまり感じられないという意見で私たち両親の意見も一致しています。あくまで感覚的・個人的な見方ですが。

そして本日、子どもの検診をしてもらうために歯科医院へ行ってきたのですが、そこでの説明は「フッ素は3歳くらいからで良い」というものでした。理由は、歯科医院で塗布するフッ素は濃度が濃いので、自分で唾液を溜めて吐けるようになってからがベストとのことでした。

2歳を少し過ぎたくらいの今、もしフッ素を希望するなら、歯磨きジェルを使ってみても良いそうです。これは歯科医院で塗布するフッ素より遙かに濃度が薄く、口をゆすぐことができない子どもでも安全だということです。

周りの同じくらいの子でも既にフッ素を塗った子もいるし、公の検診で薦めているくらいなので、歯科医師によっても考え方は違うのだと思いますが、今回は私たち親の思いと一致する所で診てもらえて安心でした。

次回は何も無ければ3歳になったくらいに検診とお掃除とフッ素を塗りましょうとのことでした。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です